大島牛乳から作られる

牛乳煎餅

牛乳煎餅
牛乳煎餅 牛乳煎餅

水がとても貴重であった島だからこそ、生まれた焼き菓子。
たくさんの人々の手によって受け継がれてきた、やさしい味わい。
伊豆大島の自然の力と島民の知恵から生まれた
【牛乳煎餅】は、未来に継承すべき文化として、
伊豆大島ジオパーク認定ブランドに登録されました。

牛乳煎餅ヒストリー
ダイジェスト版
  • 牛乳煎餅ヒストリーダイジェスト版

つづきを知りたい方はスライドさせてください。

もっと詳しく知りたい方はこちら

伊豆大島にはなぜ牛がいるの?伊豆大島にはなぜ牛がいるの?

Answer 1

火山の噴火から生まれた伊豆大島には
川や池がなく、水の確保はとても大変なことでした。
江戸時代初期、年貢として米の代わりに納めるための
塩づくりの重労働を助けてくれたのが、牛や馬でした。

牛乳煎餅イラスト

はじまりは、塩づくりのお手伝い。

徳川家康が幕府を樹立した江戸時代の初期。伊豆大島に課せられた年貢は「塩」でした。繰り返される噴火の噴出物に覆われた地表は水はけが良過ぎるため川や池が無く、水田を作ることができない環境だったからです。しかし、塩づくりは重労働です。海から海水を運び、その海水を煮詰めるための薪を山から運び、できあがった年貢塩を港まで運ぶのにも大変な労力がかかりました。そこで、運搬の使役のために伊豆半島から牛や馬を連れてきました。重要な労働力として、家で飼育したり山に放牧してその数を増やしました。

はじまりは、塩づくりのお手伝い。

時代の流れとともに酪農業へ転換。

この島でも明治維新を機に役牛の飼育から肉牛生産に移行。さらに畜産業の発展をめざして明治33年(1900年)、乳牛「ホルスタイン種」を導入し、酪農に力を入れ始めました。やがて各家庭で飼育されるほどに広まり、牛乳生産量が増加。乳製品の製造も盛んに行われました。本土で販売された大島産のバター、カゼインなどは評判となり、ついに『東洋のホルスタイン島』と呼ばれるまでになったのです。

時代の流れとともに酪農業へ転換。

どうしてコクがあっておいしいの?どうしてコクがあっておいしいの?

Answer 2

島特有の強い風が吹く伊豆大島。
この風に乗って、ミネラル豊富な海水が、
栄養満点な「アシタバ」や「スゲ」に降りそそぎます。

そのエサこそが、味わい深い牛乳のヒミツです。

アシタバ・スゲイラスト

乳牛たちは、栄養豊富な「アシタバ」や「スゲ」が大好き。

その昔、牛たちのエサは、温暖な気候によって島のあちこちに一年中繁茂している「アシタバ」や「スゲ」、「タガヤ(ハチジョウススキ)」などの青草でした。特に「アシタバ」は、牛の乳の出を良くすると考えられていました。 牛の飼育は女性の役割で、山まで青草を何度も刈りに行ったり、牛を涼しい海辺に連れて行ったり、我が子のように大切に大切に育てていました。

乳牛たちは、栄養豊富な「アシタバ」や「スゲ」が大好き。

エサとなる植物を育むのは強烈な潮風。

周囲に遮るものがない海に囲まれた島には、北東の風(ナライ)、冬季の西風(ニシ)、春から夏にかけては南西風(ナガシ)と、年間を通して風が強く吹きます。ミネラルを豊富に含んだ潮風が吹き上げられ青草に降りそそぎ、それを食べて育つ大島の牛は「乳の味が濃くてコクがある」と、島内ではもちろん、島外でも人気となりました。

時代の流れとともに酪農業へ転換。

牛乳煎餅はなぜ生まれたの牛乳煎餅はなぜ生まれたの

Answer 3

牛乳から作られた、当時は高級品のバター。
その製造過程でできる「バタ下(脱脂乳)」がもったいない!
そう考えた「甘晴堂」と「善菓子屋」のご主人が力を合わせ、
和と洋のアイデアを融合して【牛乳煎餅】が生まれました。

ミルク缶イラスト

ふたりの店主が協力して島土産を考案。

和菓子屋「甘晴堂」のご主人と、大島バターを銀座・三越などに卸していた「善菓子屋」のご主人。大正初期、この仲良しの二人が新しいお菓子作りに取り組みます。冷蔵庫など無い時代。傷みやすくて捨てていたバタ下(バターの脂肪分を分離させた後の脱脂乳)に着目し、かわら煎餅の製法にバタ下を混ぜた焼き菓子を考案しました。これが牛乳煎餅の原形です。その後、牛の飼育数が増え、生産量が上がった牛乳をバタ下の代わりに使い、バターを敷いて焼き上げるよう改良され、味も風味も格段によくなりました。こうして、貴重だった水を一滴も使用しない伊豆大島ならではの郷土菓子が完成したのです。

ふたりの店主が協力して島土産を考案。

牛乳煎餅は伊豆大島土産の名物に!

牛乳が豊富に生産されるようになった頃、観光地としても発展してきた伊豆大島。「甘晴堂」と「善菓子屋」が生み出した牛乳煎餅は、伊豆大島のお土産として大ヒット商品になります。昭和初期の来島者の多くは、三原山登山が目的。登山道沿いに並ぶ10数軒の茶屋でも牛乳煎餅が販売されていました。

昭和天皇も召し上がったおいしさ。

昭和天皇は行啓も含めて4回来島されています。皇太子時代、大正7年(1918年)に初来島された際に、牛乳煎餅を召し上がったといわれています。牛乳煎餅は、皇太子様に献上するために役場から依頼を受けて「甘晴堂」が作ったという説もあります。

牛乳煎餅は伊豆大島土産の名物に!

今はどうやって作ってるの?今はどうやって作ってるの?

Answer 4

【牛乳煎餅】が誕生したのは
大正初期(1915年頃)だと伝えられています。
そして、100年以上経った今でも職人たちの手で
一枚一枚ていねいに
作られています。

牛乳煎餅イラスト

薄くてシンプルな見た目。実は奥深い焼き加減。

牛乳煎餅は、実はとってもデリケート。温度・湿度・気圧・風の流れによって、煎餅の色・硬さ・風味などが変化してしまうのです。つまり、毎日同じ焼き方では同じおいしさになりません。昔は一丁一枚型で、十丁掛け。炭火で焼いていたそうです。その日の気温・湿度などによって生地の具合から焼き時間までを計算してキレイに焼き上げる腕前。多い日には一人で1,000枚以上も焼くことがあったそうです。現在では、機械を使用しながらも、職人たちが焼き加減を一枚一枚チェックし、「煙たなびく三原山」や「大島節」の一節などの焼き印を押して仕上げています。

薄くてシンプルな見た目。実は奥深い焼き加減。

100年以上の歴史をもつ味わいを、未来へ。

牛乳煎餅の材料は、誕生当時とほとんど変わっていません。伊豆大島ならではの素朴な味わいを、今も私たちに伝えてくれるお菓子です。しかし、時代の流れとともに、牛乳煎餅を生み出した2店のうち「甘晴堂」は閉店し、大島の牛乳煎餅屋さんは、現在では数店舗となりました。私たちは、牛乳煎餅を大切な食文化として未来に継承していくために、「伊豆大島ジオパーク認定ブランド」として登録しました。

100年以上の歴史をもつ味わいを、未来へ。
IZUOSHIMA GEOPARK BRAND

認定ブランド紹介

CONTACT

お問い合わせ

伊豆大島ジオパーク推進委員会
産業商工部会(大島商工会)
〒100-0101 東京都大島町元町1-3-3
営業時間 午前8:30~午後5:00
tel04992-2-3791